2007年10月14日

31株目1日で25%急騰、保興投資(0263)ボーキサイト鉱区確保に動く

ぼ、ぼ、ぼくらは中国株探偵団の諸君

おはようございます、調子はいかがかな?明智小六郎です。

香港市場、強いですね。流石に週末(10月12日)は下がりましたが
それでも-1.01%、ものの数ではありません。

8月17日のサブプライムローン急落が長期リセッションの始まりだと
勘違いした私は絶好の買い場で挙手傍観していた訳ですが、
QDII緩和の流れがこれほどまでに強いとは思っていなかったせいであります。
恐るべしチャイナマネー、中国は既にまぎれもない経済大国なのだという認識を新たにしました。

さて、反省してからどうしたかと言うと少しですが買いを入れました。
この局面から何を買うか?
・H株指数ETF
日替わりに様々な銘柄の株が上昇しており
あれもよければこれもよい、
あれこれ考えるぐらいなら
いっそのこと五目ちらしを食った方がいいだろう、
と考えて前日の終値で11日に指値をしたのですが、
買えていない。前日終値に一度もタッチせずに1日中推移していたのです。
こう言うときはムキにならず
暫く冷却期間を置くのが中国株との付き合いを長続きさせるコツかな
と思い、そのままにしております。
とにかく買いの強さを感じました。

・0263 保興投資
聞いたことも無い銘柄でしたが、
オマケに釣られて買いました。ほんの少しですよ。
オマケは無償増資(1株に付き3株)です。

“除息日/浄日10月30日
截止日/11月1日
派息日/11月14日
1送3紅股“
とアップルデイリーに出ていました。

先回りをして分割される株を買っておいて
分割後に跳ね上がったところで売ろう
と言うミエミエな作戦です。

潜伏期間は1ヶ月ぐらいか、と思っていたところ
なんと10月12日の1日だけで25.57%も急上昇してしまいました、
理由は山西省のボーキサイト鉱区の権益51%の購入をするという内容で
交渉が進んでいるとのニュースが流れ(“訂立框架協議”と出ています。)
人気になったようです。
http://www.aastocks.com/chi/stockquote/default.asp?symbol=0263

『瓢箪から駒』とはこの事を言うのかもしれません。
経済大国中国はこれからもビル建設が継続されるでしょう
ビル建設にはアルミは必須不可欠の建材です。
アルミの原料はボーキサイト!!
“風が吹いたら桶屋が儲かる”を地でいくようなものです。

アップルデイリーの論調がこの土曜日(10月13日)に変化していることだけは付け加えておきます。
前回ご紹介の“株の神様”李兆基氏は「ハンセン指数が30,000ポイントになるまでは売らない。」とコメントしています。裏返していうと30,000になったら処分し始める、と言う事でしょう。
コラムニストの曽淵滄氏も欲しい株があったら手持ちの株を売った金で買いなさい(換馬)との言い方になっています。
「長期的に見たら香港株は買いだ。」と言う財界人も居ますが、
“長期的”と言う接頭句が付いているところを見ると
そろそろ調整に入るのが念頭にあるのではないでしょうか。

所詮株式投資はバクチの1種として考え
投資資金は回収できないかもしれないと覚悟しておいたほうがいいかもしれません。
失くなってしまっても惜しくないお金(もしくは金額)を使うと言う事です。

バブルは弾けるまではバブルではない、
虎穴に入らずんば虎児を得ず、
これもまた真です。

諸君はどうされますかな?
今週はこの辺で。健闘を祈る!!


※投資の判断は自己責任でお願いします。
アフィリエイトならノーリスク、WebDoでアフィリエイトにチャレンジしてみませんか?
詳しくは↓↓↓↓↓↓↓↓
http://webdo.co.jp/aff/?com=aff&ai=10000242

タグ:急騰 中国株
posted by 明智小六郎探偵 at 12:24 | 香港 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年09月30日

30株目 不動産銘柄双璧

ぼ、ぼ、ぼくらは中国株探偵団の諸君

おはようございます、調子はいかがですかな?明智小六郎です。

今日は不動産銘柄について検討しよう

サブプライムローン問題のリスクシナリオに捕らわれている間に
ハンセン指数はあれよあれよと言ううちに
27,000を突破し過去最高値をつけてしまいました。

9月28日のウォール・ストリート・ジャーナルでの株価市況記事で
“サブプライムローン問題は過去の問題になった“
と言っているらしいので
10月危機説も難なく乗り切るのではないでしょうか。
私も年内は様子を見る積りでしたが
ここまでくると私も自説を取り下げた方がよさそうです。

欧米の中央銀行はサブプライムローン問題では大胆な金融緩和を実行することで乗り切ろうとしています。
中国は“吾が道をゆく“を地で行っていますが
世界中の中央銀行がお金の蛇口を全開しているのでお金はジャブジャブになってくることでしょう。

お金がジャブジャブになると言うことは資産インフレ、
資産インフレということは株や商品、不動産の値段が上がると言うことです。

ここでわざわざ“資産”という言葉をインフレの前に挿入しましたが、
ニュースで取り上げられるいわゆるインフレは
政府が発表している物価指数は消費者物価指数や卸売り物価指数に基づいており
土地や株、金などは指数に入っていません。

貴金属は先日の中国株通信でレポートしたので
今回は『経済一週』に掲載された不動産株に関するトピックをご紹介しよう。

清華大学が“2007年香港市場に上場している中国不動産企業総合力TOP10“と言うのを発表した。
これに『経済一週』が今年4月上場したばかりの碧桂園(2007)を加えて
ランキング表を作成している。

第一位 中国海外(0688) 
土地保有面積 1,860万u
07年中間純利益率 28.7%
9月28日終値 HK$17.74

第二位 世茂房地産(0813)
土地保有面積 2,063万u
07年中間純利益率 55.5%
9月28日終値 HK$23.65

第三位 合生創展(0754)
土地保有面積 1,480万u
07年中間純利益率 29.5%
9月28日終値 HK$25.90

第四位 富力地産(2777)
土地保有面積 3,113.3万u
07年中間純利益率 20.9%
9月28日終値 HK$36.7

第五位 瑞安房地産(0272)
土地保有面積 1,190万u
07年中間純利益率 50.4%
9月28日終値 HK$9.46

第六位 華潤置地(1109)
土地保有面積 1,000万u
07年中間純利益率 31.7%
9月28日終値 HK$16.20

第七位 雅居楽地産(3383)
土地保有面積 2,455万u
07年中間純利益率 18.7%
9月28日終値 HK$16.32

第八位 緑城中国(3900)
土地保有面積 1,505万u
07年中間純利益率 12.3%
9月28日終値 HK$18.12

第九位 新世界中国(0917)
土地保有面積 2,460万u
07年中間純利益率 38.1%
9月28日終値 HK$7.45

第十位 上海復地(2337)
土地保有面積 5,365万u
07年中間純利益率 4.6%
9月28日終値 HK$6.2

番外その1 碧桂園 (2007)
土地保有面積 5,400万u
07年中間純利益率 23.6%
9月28日終値 HK$13.22

番外その2 合景泰富(1813)
土地保有面積 400万u
07年中間純利益率 23.6%
9月28日終値 HK$14.26

不動産業株で考慮すべき4大要素として
・ 保有土地面積
・ 利益が上がっているか
・ 土地の取得原価
・ 保有土地の分布
を挙げている。これは探偵団諸君も参考にしていいと思う。

『経済一週』では第一位にランクされた中国海外と碧桂園を双璧として検討している。

まず、土地保有面積、碧桂園は5,400万uでありNO.1になる。
碧桂園は上場価格HK$5.38からHK$13.22まで上がっている、これは上昇率で言うと145.7%になる。
ただし、スイス銀行なんかは楽観視しており、評価を「中立」から「買入」に引き上げている。

保有土地の分布は中国海外は中国、香港、マカオに分散しており、マクロコントロールには抵抗力があると考えられる。碧桂園は全国に広がっている。

土地の取得原価については取得にさいして地方政府の後ろ盾がどれだけ得られるか?例えば中国海外はワーフと共同で十系に100.2万uの土地を取得しているが取得原価は2,534元/u。

利益率は中国海外は28.7%、碧桂園は23.6%、双方ともなかなかのレベルと言えるでしょう。

『経済一週』は
“大きいことはいいことだ“で決めるなら碧桂園
長期保有でもいい“ブルーチップ”に格上げに期待を込めるなら中国海外
とまあ、こう結論付けています。

ただ〜し!!
日銀の福井総裁や金融担当大臣の渡辺嘉美大臣などは
サブプライムローン問題を危惧しているので、
100%安心していい状況にないことだけは付け加えておきます。

さあ、諸君はどう推理されますかな?
それでは、この辺で。
諸君の健闘を祈る、ごきげんよう!!


※ 投資の判断は自己責任でお願いします。
自分の腕で稼ぐ、WebDoでアフィリエイトにチャレンジしてみませんか?
詳しくは↓↓↓↓↓↓↓↓
http://webdo.co.jp/aff/?com=aff&ai=10000242
posted by 明智小六郎探偵 at 10:29 | 香港 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年09月23日

29株目 株式市場から貴金属に資金が移動!?


ぼ、ぼ、ぼくらは中国株探偵団の諸君

調子はいかがですかな?明智小六郎です。

アメリカのFOMCが金利を0.5%下げました。
サブプライムローン問題が原因です。
「まだ、このネタ引きずってんのかよ。」
と言う声が聞こえてきそうですが、
私はサブプライムローン問題をメガトン級の時限爆弾だと捉えています。
今まさに爆発しようとしている時に、
アメリカが金利を下げて爆発を防いでいる、
しかし、そのリスクは後から後から膨らんでくる。
どこまで政策でしのぐ事ができるか?

バブルははじけるまではバブルではありませんから
「行ける所まで行こう!!」
と言う考え方も出来ます。
ハンセン指数もバク上げしています。
「リスクがあるのはアメリカで、中国は関係ない。」
と割り切ってしまえば何も怖くありません、
でも私は怖くてEXPOSURE(イクスポージャー:リスクにさらされた資金量)を増やす気にはなれません。

株式市場から資金が逃げていく先は商品市場でしょう。
私のような人も多いのでしょうか、金の相場が上がっています。
一説によると“金を買ったのは中国政府だ”という人もいるようです。

このメルマガは中国株がテーマなので、
貴金属関係の銘柄を追いかけて見ましょう。

招金鉱業(1818) HK$29.95 今月上昇率109.15%
紫金鉱業(2899) HK$12.70 今月上昇率84.59%
湖南有色(2626) HK$ 7.68 今月上昇率69.19%
中国ニッケル(2889) HK$5.04 今月上昇率54.13%
霊宝黄金(3330)  HK$7.25 今月上昇率39.96%
サイノゴールドマイニング(1862) HK$49.75 今月上昇率33.20%
江西銅業(0358) HK$21.45 今月上昇率19.03%
チャイナモリブデン(3993) HK$17.50 今月上昇率17.14%
五鉱資源(1208)  HK$5.63 今月上昇率16.08%
中国鉱業(0340)  HK$1.35 今月上昇率4.65%

貴金属株もいいですが、金貨を眺めて暮らすのもいいですぞ。
中国は1982年からパンダ金貨を発行しています。毎年図柄が変わるので
コレクションとして楽しめます。おひとつ如何かな?
これも一興。

それでは、この辺で。
諸君の健闘を祈る、ごきげんよう!!


※ 投資の判断は自己責任でお願いします。
自分の腕で稼ぐ、WebDoでアフィリエイトにチャレンジしてみませんか?
詳しくは↓↓↓↓↓↓↓↓
結果の直ぐ出る4ティアアフィリ








posted by 明智小六郎探偵 at 09:55 | 香港 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年08月05日

28株目 ペトロチャイナ株を一部売却!!株の神様バフェット



ぼ、ぼ、ぼくらは中国株探偵団の諸君!

いかがですかな?明知小六郎です。

中国株をかたる時には
バークシャー・ハザウェイ社のバフェット氏を抜きにして語れないでしょう。

同氏はバリュー投資の代表格として知られておりますが、
中国株においては(0857)ペトロチャイナを2003年に投資したことが特記に値し
ます。
あのバフェットが投資するぐらいだから
”(0857)ペトロチャイナは投資してもまず大丈夫だろう。
中国株も投資の対象足りうる。”
と言う安心感を与えたからです。

当時彼が購入したのは2003年4月9日のことです。
この時買ったのが12.6億株、保有シェアにすると7.17%ですから堂々たる大株主になります。

更に4月11〜24日にかけて10.88億株、平均購入価格はHKD1.61〜1.67。あわせて23.48億株購入した事になります。

バフェットはコカコーラの大株主でもありますが、今まで1株も売った事がない。
と言われるほど超長期に株を保有するので有名です。

そのバフェットがですよ、
この7月遂に(0857)ペトロチャイナの一部を手放したのです。
売却数は1,690万株、平均売却金額はHKD12.441、保有シェアも11.05%から10.96%になりました。
それでも手元には23.311億株(単純に計算しています。ただしアップルデイリーでは23.14億株と報じられています。)残っており
第2位の大株主であることには間違いありません。

このニュースを受けて(0857)ペトロチャイナは
3%下落しHKD11.76(2007年7月27日)になりました。
8月3日の終値はHKD11.1となっています。
   
売却した理由が人権問題でアメリカから激しく非難されているスーダンの石油会社にペトロチャイナが出資しているせいかとも想像されましたが、真相は闇の中です。

バフェットが売却したというニュースだけで(0857)ペトロチャイナが終わってしまったとは
考えませんが、気になるニュースです。

私は大昔にこの銘柄のホルダーでした、
資源株がもてはやされた頃に売却したので今は持っていません。
懐かしい銘柄です。


※投資の判断は自己責任でお願いします。
posted by 明智小六郎探偵 at 08:49 | 香港 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年07月15日

27株目 ワーサンガス 2004年3月期決算発表

ぼ、ぼ、ぼくらは中国株探偵団の諸君

お久しぶりです。明智小六郎です。
ワーサンガス(8035)の2004年3月期の決算が
先日(2007年7月11日)ようやく出てきました。

(香港ドル)
売上高:539.3百万
営業損失:▲126.6百万
税引き前損失:▲148.8百万

2004年4月6日に売買停止処分を喰らってから3年、
一向に動きが見えなかったので、
「もう、上場廃止かなあ。」
と半分諦めていたのですが、
決算書が出てきたので一縷(いちる)の望みが見えてきました。

今にして思うと、
何でこんなリスキーな株を買ったのか
不思議に思いますが、

私がこの株を購入した当時は、
どの中国株アナリストからも有望株、推奨株
としてもてはやされていました。

しかしながら確かに、
おかしな値動きを見せたのです。
急落しましたから。

ナンピンに走るか、損切りして様子を見るか
の二者択一に迫られた時に頼りにしたのが
某K泉さんの有料情報でした。

某K泉さんは有料情報で堂々と
”私は調べました、
会計士が変更されただけです・・・
こう言うときこそ資産を増やすチャンスです。”
とのたまわっておりました。

株の売買は確かに自己責任ですが、
「調べてこれかよ。金まで出して買った情報なのに、
この程度か。頼る相手を間違えた。」
と言う失望感が大きかったです。

K泉さんがあちこちの掲示板で叩かれているのは
このミスリードがあったせいではないでしょうか。

グチを言っても始まらないのが中国株の中国株たるゆえんです。
こう言う時は
人智の及ぶ範囲はたかが知れていると言う証左だ、
と怒りを飲み込み気持ちを整理するしかありません。

ワーサンガスはなかなか決算発表を出したがりませんでした。
出したくない成績ほど隠したくなるのが人情と言うものです。
決算書が出てきてもどうせ大した業績ではないだろう。
と思っていたら案の定でした。

このほど出てきた決算書は赤字決算。
これまで何かをごまかしていたことになります。
うわべの業績の良さに騙されたということです。

みなさんも気をつけてください。
私もこれにめげずに1K泉をさしあたりの目標にガンバリマス!!
1K泉は1里塚ですからね。

香港交易所で公開されているワーサンガスの決算書この通りです。
http://gem.ednews.hk/listedco/listconews/gem/20070711/GLN20070711029.pdf



posted by 明智小六郎探偵 at 03:03 | 香港 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年12月21日

26株目 珠州南車電気スタートダッシュッよし!!

ぼ、ぼ、ぼくらは中国株探偵団の諸君!

人寿(2628)が爆上げ街道驀進中(15:41現在8.62%)グッド(上向き矢印)の本日であるが、
IPOで本日上場した珠州南車電気(3898)も幸先のよい
スタートダッシュを切った。新幹線ヽ(^o^)丿。

IPO価格がHKD5.30に対し終値がHKD9.21、
上昇率73.77%の堂々の実績である。
おかげで今晩の晩飯は天婦羅だった。ビール
”よく上がりますように”右斜め上との願いも込めてある。
いやぁ美味であった。

明日もIPOで上場する株が並んでいる。
飛毛腿(1399)HKD2.02
陽光房地產投資信託基金(0435)HKD2.60
興達國際(1899)HKD2.45-3.08

さあて、この中でスターになる株はどれだろうか?
みんな推理力を働かせて当ててご覧。ひらめき

                      明智小六郎
posted by 明智小六郎探偵 at 00:53 | 香港 | 日記

2006年12月18日

25株目 爆上げ人寿2628

Ьε????°061218.JPGもうかってまっか?明智小六郎です。

今日(2006年12月18日)人寿2628が爆上げしました。
中国株はこういう事があるので、
やめられまへん
たまりまへん

ん〜、く〜。(^_^)v

しかし、ここまで上がるには何か理由があるはずです。
香港交易所で調べてきました。

今年1月から11月までですが、
保険料収入が1,725.17億人民元だったとの会社側発表
掲載されていました。

この明智小六郎にもツキが回ってきました。
ウフフフフ。(^○^)

posted by 明智小六郎探偵 at 21:26 | 香港 | 日記

2006年12月07日

24株目 安莉芳(エンブリー・フォーム 1388)のIPO

もうかってまっか?明智小六郎です。

わたしは金が好きなので、山東招金鉱業のIPOを申し込みましたが、
香港証券取引所に上場する株はまだまだ続きます。

そのなかで、私が主観的に面白いな、と思った銘柄をご紹介します。
情報提供は香港の4大証券の一角を占めるPhilip証券さんです。

続きはこちら
posted by 明智小六郎探偵 at 04:10 | 香港 🌁 | 日記

2006年11月26日

23株目 香港株IPO目白押し

もうかってまっか?明智小六郎です。

香港H株IPOがラッシュである。

順番にやってくれればよいのだが、時期が重なっている。
具体的な銘柄は続きからを見て欲しい。
続きはこちら
posted by 明智小六郎探偵 at 23:04 | 香港 ☀ | 日記

2006年11月21日

22株目 

もうかってまっか?明智小六郎です。

一気に高いところまで来すぎたせいだろうか?
香港株は一息を入れました。

ハンセン指数 18,954.63 -228.08 -1.19%

こう言うときこそ銘柄の真価が問われるだろう。

この逆風下にも関わらず
2628中国人寿は10セント0.33%高と
期待を裏切らない粘り強さを見せ付けている。

実はこの株が伸びるには伸びるだけのわけがあるのだ。

続きはこちら
posted by 明智小六郎探偵 at 05:39 | 香港 ☁ | 日記

2006年11月18日

21株目 株式投資のフィロソフィとは何か?

もうかってまっか?明智小六郎です。

私が中国株のことばかり話をするのに
感化されて、病み付きになってしまったオトコがいます。
Mr.Aとしましょう。
このMr.Aはしょっちゅう株を売ったり買ったりしているので
僭越ながらMr.Aに次のメッセージを進呈しました。


続きはこちら
posted by 明智小六郎探偵 at 08:57 | 香港 ☁ | 日記

2006年11月17日

20株目 交通銀行とBLUE CHM

もうかりまっか?明智小六郎です。

しばらく、更新お休みしており申し訳ありませんでした。
この間に何をやっていたかご報告します。続きはこちら
posted by 明智小六郎探偵 at 07:52 | 香港 ☁ | 日記

2006年11月08日

19株目 軌道修正

もうかってまっか?明智小六郎です。

ハンセン指数が18,939.31
高値では19,161.38までつけている。

続きを読む
posted by 明智小六郎探偵 at 07:18 | 香港 ☀ | 日記

2006年11月06日

18株目 アメリカ中間選挙で来週はどう動く?

もうかりまっか?明智小六郎です。

来週の火曜日(11月7日)にアメリカで中間選挙が行われる。
香港株はどう動くだろうか?

中東マネーが
posted by 明智小六郎探偵 at 01:41 | 香港 | 日記

2006年10月26日

17株目 ハンセン指数絶好調!!

もうかりまっか?明智小六郎です。

私の予想では
工商銀行の上場を控え
巨額のIPO資金が凍結されて
ハンセン指数が下がるのではないか
であったのだが、
空振りの3振である。

終値が18,353.74とは
どう考えても絶好調。
好調すぎる。

続きを読む
posted by 明智小六郎探偵 at 23:33 | 香港 ☀ | 日記

2006年10月23日

16株目 工商銀行(1398)の公募倍率77倍に

もうかりまっか?明智小六郎です。

注目される工商銀行のIPOですが、
約100万人が応募し、続きを読む
posted by 明智小六郎探偵 at 09:00 | 香港 🌁 | 日記

2006年10月21日

15株目フィリップ証券主催 荒井裕之氏講演会

もうかりまっか?明智小六郎です。

今日はフィリップ証券主催で荒井裕之さんのおはなしを聞きに行った。

20年後にどんなポートフォリオを持ちたいですか?
と言うのが同氏の問いかけである。

続きを読む
posted by 明智小六郎探偵 at 01:17 | 香港 ☀ | 日記

2006年10月19日

14株目 工商銀行のIPOに3万億ドル(香港ドル)

もうかりまっか?明智小六郎です。

今日小銀行のIPOが本日(2006年10月19日)正午で締め切られた。
香港の新聞大公報ではこのIPOで3万億香港ドルが
凍結されたと報じている。
http://www.takungpao.com/news/06/10/18/JJ-637747.htm
海外市場向けの販売で25倍とのことだ。

続きを読む
posted by 明智小六郎探偵 at 23:21 | 香港 ☀ | 日記

2006年10月18日

13株目 工商銀行IPO ちょっとだけよ〜

もうかってまっか?明智小六郎です。

香港では銀行のインターネットバンキングで
新規公募株のIPOに応募できてしまう。

続きを読む
posted by 明智小六郎探偵 at 09:00 | 香港 ☀ | 日記

2006年10月17日

12株目 それはナシだぜ!!ジョルダーノ

もうかりまっか?明智小六郎です。

LOCAL新聞の切抜きを日本語訳して配布している
日刊紙にニュースネットアジアと言うのがある。

LOCAL新聞自身の信憑性に疑問があるので
真に受けてはいけないのだが、
結構日本人が興味を持ちそうな記事を引っ張ってきている。

コラムなんかも書いているのだが、
今日のコラムは随分とクリティカルな話を書いていた。

続きを読む
posted by 明智小六郎探偵 at 09:00 | 香港 ☀ | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。