2007年09月23日

29株目 株式市場から貴金属に資金が移動!?


ぼ、ぼ、ぼくらは中国株探偵団の諸君

調子はいかがですかな?明智小六郎です。

アメリカのFOMCが金利を0.5%下げました。
サブプライムローン問題が原因です。
「まだ、このネタ引きずってんのかよ。」
と言う声が聞こえてきそうですが、
私はサブプライムローン問題をメガトン級の時限爆弾だと捉えています。
今まさに爆発しようとしている時に、
アメリカが金利を下げて爆発を防いでいる、
しかし、そのリスクは後から後から膨らんでくる。
どこまで政策でしのぐ事ができるか?

バブルははじけるまではバブルではありませんから
「行ける所まで行こう!!」
と言う考え方も出来ます。
ハンセン指数もバク上げしています。
「リスクがあるのはアメリカで、中国は関係ない。」
と割り切ってしまえば何も怖くありません、
でも私は怖くてEXPOSURE(イクスポージャー:リスクにさらされた資金量)を増やす気にはなれません。

株式市場から資金が逃げていく先は商品市場でしょう。
私のような人も多いのでしょうか、金の相場が上がっています。
一説によると“金を買ったのは中国政府だ”という人もいるようです。

このメルマガは中国株がテーマなので、
貴金属関係の銘柄を追いかけて見ましょう。

招金鉱業(1818) HK$29.95 今月上昇率109.15%
紫金鉱業(2899) HK$12.70 今月上昇率84.59%
湖南有色(2626) HK$ 7.68 今月上昇率69.19%
中国ニッケル(2889) HK$5.04 今月上昇率54.13%
霊宝黄金(3330)  HK$7.25 今月上昇率39.96%
サイノゴールドマイニング(1862) HK$49.75 今月上昇率33.20%
江西銅業(0358) HK$21.45 今月上昇率19.03%
チャイナモリブデン(3993) HK$17.50 今月上昇率17.14%
五鉱資源(1208)  HK$5.63 今月上昇率16.08%
中国鉱業(0340)  HK$1.35 今月上昇率4.65%

貴金属株もいいですが、金貨を眺めて暮らすのもいいですぞ。
中国は1982年からパンダ金貨を発行しています。毎年図柄が変わるので
コレクションとして楽しめます。おひとつ如何かな?
これも一興。

それでは、この辺で。
諸君の健闘を祈る、ごきげんよう!!


※ 投資の判断は自己責任でお願いします。
自分の腕で稼ぐ、WebDoでアフィリエイトにチャレンジしてみませんか?
詳しくは↓↓↓↓↓↓↓↓
結果の直ぐ出る4ティアアフィリ








posted by 明智小六郎探偵 at 09:55 | 香港 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。