2007年08月05日

28株目 ペトロチャイナ株を一部売却!!株の神様バフェット



ぼ、ぼ、ぼくらは中国株探偵団の諸君!

いかがですかな?明知小六郎です。

中国株をかたる時には
バークシャー・ハザウェイ社のバフェット氏を抜きにして語れないでしょう。

同氏はバリュー投資の代表格として知られておりますが、
中国株においては(0857)ペトロチャイナを2003年に投資したことが特記に値し
ます。
あのバフェットが投資するぐらいだから
”(0857)ペトロチャイナは投資してもまず大丈夫だろう。
中国株も投資の対象足りうる。”
と言う安心感を与えたからです。

当時彼が購入したのは2003年4月9日のことです。
この時買ったのが12.6億株、保有シェアにすると7.17%ですから堂々たる大株主になります。

更に4月11〜24日にかけて10.88億株、平均購入価格はHKD1.61〜1.67。あわせて23.48億株購入した事になります。

バフェットはコカコーラの大株主でもありますが、今まで1株も売った事がない。
と言われるほど超長期に株を保有するので有名です。

そのバフェットがですよ、
この7月遂に(0857)ペトロチャイナの一部を手放したのです。
売却数は1,690万株、平均売却金額はHKD12.441、保有シェアも11.05%から10.96%になりました。
それでも手元には23.311億株(単純に計算しています。ただしアップルデイリーでは23.14億株と報じられています。)残っており
第2位の大株主であることには間違いありません。

このニュースを受けて(0857)ペトロチャイナは
3%下落しHKD11.76(2007年7月27日)になりました。
8月3日の終値はHKD11.1となっています。
   
売却した理由が人権問題でアメリカから激しく非難されているスーダンの石油会社にペトロチャイナが出資しているせいかとも想像されましたが、真相は闇の中です。

バフェットが売却したというニュースだけで(0857)ペトロチャイナが終わってしまったとは
考えませんが、気になるニュースです。

私は大昔にこの銘柄のホルダーでした、
資源株がもてはやされた頃に売却したので今は持っていません。
懐かしい銘柄です。


※投資の判断は自己責任でお願いします。
posted by 明智小六郎探偵 at 08:49 | 香港 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。